名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 借金した場合の督促の流れと対策法 » 酒井法律事務所から督促状が届いたらどうすればいい?

酒井法律事務所から督促状が届いたらどうすればいい?

酒井法律事務所からの督促状が届いた…どうする?

借金の督促状が「酒井法律事務所」から届いた場合の対処の仕方について紹介しています。

酒井法律事務所とはどのような会社なのか知りたい方や、督促が来た場合どのように対処すればいいのかを知りたい方、ご一読ください。

酒井法律事務所とはどんな会社?

酒井法律事務所は、名古屋市のオフィス街で80年を超える活躍を続け、個人法務から企業法務まで様々な案件に関与してきた事務所です。

スポーツ法やIT関連法など、特殊な法律問題にも対応しているのが特徴で、スポーツ事故のトラブルやインターネットでの名誉毀損、騒音・郊外への訴訟など、一般依頼とはやや異なるケースも扱っています。

「シンワ税理士法人 」や「浅野高嗣税理士事務所」など名古屋市内の各事務所とネットワークを構築しており、弁護士との連携による迅速な身辺調査・情報共有が可能です。

所在地 名古屋市中区丸の内3-17-4 第11KTビル10F
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口 より徒歩3分
電話番号 052-955-2930
営業時間 9:00~17 :00
法人番号 記載なし

酒井法律事務所から督促が来たのは何故?

酒井法律事務所は対応エリア(愛知県・岐阜県・三重県)に所在する金融機関・企業を債権者として、債権回収を委託することがあります。借金・住宅ローンの滞納や、代金・報酬の未支払いなどが続いていると、酒井法律事務所から催促状が届くことがあるのです。

督促状とは債権者が債務者に支払いを促すための書類で、法的にも認められている請求書です。督促状には債権者の名前(会社名)や連絡先、返済期限や支払金額が記載されおり、速やかに指定金額を返済する必要があります。

催促状の発行は債権者は「支払いの意思なし」と判断したことの現れでもあり、届いたらすぐに対処しなくてはなりません。

〈酒井法律事務所の各事業所電話番号〉

  • 名古屋本社:052-955-2930

参考:酒井法律事務所HP(http://stlawfirm.gr.jp/jp/index.html)

酒井法律事務所からの督促への対処の仕方

酒井法律事務所から督促状が届いたら、まず然るべき機関・事務所へ連絡することが大事です。催促状に記載されている債権者へ連絡を入れ、支払いが可能であれば返済の意思を示し、難しい場合はその旨を伝えて相談しましょう。

期日までに支払金額を用意できない、今後の返済が難しいという場合でも、相談次第では期限延長や減額などの措置を提案してくれる可能性があります。逆に放置していると、遅延損害金が生じて利息が増えてしまったり、更には法的措置に移行してしまう恐れがあるのです。

催促状は「支払いの最終勧告」に位置する請求書です。これを無視すると今度は法的措置の「催告書」が届き、一括請求や差し押さえなどの強制執行が決行されてしまうなど、一つ連絡を入れなかっただけで全資産を失うという最悪の事態を引き起こしかねません。

措置を適用しても支払いが厳しい場合は、弁護士や法律事務所に相談を行いましょう。思いかねない借金問題を抱えた場合は、まずは解決に向けて行動を起こすことが大切です。

支払い催促・勧告の放置は、信用の失墜と資産の損失を招いてしまいます。支払いの可否に関わらず、催促が来た時点で速やかに連絡を入れましょう。