名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 借金した場合の督促の流れと対策法 » 片岡法律事務所から督促状が届いたらどうすればいい?

片岡法律事務所から督促状が届いたらどうすればいい?

片岡法律事務所からの督促状が届いた…どうする?

借金の督促状が「片岡法律事務所」から届いた場合の対処の仕方について紹介しています。

片岡法律事務所とはどのような会社なのか知りたい方や、督促が来た場合どのように対処すればいいのかを知りたい方、ご一読ください。

片岡法律事務所とはどんな会社?

片岡法律事務所は、名古屋市で設立されて以来、当地で30年以上の歴史を重ねてきた老舗の法律事務所で、債務整理に関しては500件以上にも及ぶ業務を持っています。

「相談者の視点に立った懇切丁寧な対応」「企業に対する法律面を中心とした適切且つタイムリーな支援の提供」を理念として掲げ、民事・家事・刑事を問わず数々の事件解決に関与してきました。

相続・離婚といった個人の相談から、取引紛争・労働事件などの法人によるトラブルなど法律事務全般を扱っており、外国人の刑事事件など国際的な案件にも対応した経歴もあります。

所在地 愛知県名古屋市中区丸の内2-19-25 MS桜通7F(受付)/8F
アクセス 地下鉄桜通線・鶴舞線 丸の内駅4番出口 から徒歩1分
電話番号 052-231-1706
営業時間 9:00~18:00
法人番号 記載なし

片岡法律事務所から督促が来たのは何故?

片岡法律事務所から催促が来る場合、金融機関・住宅ローンの支払い滞納、サービス利用料の未納や債務不履行、慰謝料・養育費の未支払いなどが考えられます。

一般的に、催促状は延滞が続いている債務の支払いを促すための請求書です。支払いの滞納が続くと、債権者から債務者へ、その旨を伝える連絡が入るのですが、中には連絡に応じない、または相談後も滞納が続いているというケースもあります。

債権者は相手に支払う意志がないと判断すると、借金を回収するために法律事務所へ取り立てを依頼します。委託を受けた法律事務所は回収のため、債務者へ支払いの催促や法律措置の勧告を行うのです。

参考:片岡法律事務所HP(https://www.kataokaoffice.jp)

片岡法律事務所からの督促への対処の仕方

片岡法律事務所から催促状が届いたら、内容を確認して然るべき相手方へ連絡を入れましょう。支払いが難しい場合でも連絡をとり、滞納の理由を正確に伝えることが大事です。

話し合いによっては、減額や分割払いなどの負担軽減に繋がることもあり、状況を改善させる見込みが立ちます。相談に応じてもらえない場合は、弁護士に相談すれば債務整理などの対策を取ることも可能です。

逆に、支払えないからと延滞を続けていると、遅延損害金による利息の増加や、一括払いの要求など自体の悪化を招いてしまいます。最終的には法的措置の勧告が行われ、差し押さえなどの強制執行に発展してしまう危険もあるのです。

片岡法律事務所は債務回収にも強く、財産差し押さえなどの強制執行を行った事例もあります。同じ状況に陥らないためにも、催促が来たらすぐに内容を確認して、相手方へ連絡を入れるようにしてください。