名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 借金した場合の督促の流れと対策法 » 保証協会債権回収から督促状が届いたらどうすればいい?

保証協会債権回収から督促状が届いたらどうすればいい?

保証協会債権回収からの督促状が届いた…どうする?

借金の督促状が「保証協会債権回収」から届いた場合の対処の仕方について紹介しています。

保証協会債権回収とはどのような会社なのか知りたい方や、督促が来た場合どのように対処すればいいのかを知りたい方、ご一読ください。

保証協会債権回収とはどんな会社?

保証協会債権回収株式会社は、法務大臣の許可を得た債権回収専門会社(サービサー)です。全国に営業拠点を設置し、無担保債権の管理・回収を行っています。平成13年からサービサーとして業務に取り組んできた実績があります。

取り立てについて法令を順守することはもちろん、債務者個々人の状況に応じた対応をとっており、その業務の監督を目的とした常務に従事する取締役の1人以上に弁護士が就任しています。

所在地 東京都中央区日本橋浜町2丁目35番4号 日本橋浜町パークビル6階
アクセス 都営地下鉄新宿線「浜町」駅より徒歩2分 「馬喰横山」駅より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「東日本橋」駅および「人形町」駅より徒歩6分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅より徒歩6分
JR総武快速線「馬喰町」駅より徒歩10分
電話番号 03-6810-8363
営業時間 記載なし
法人番号 6010001072536

保証協会債権回収から督促が来たのは何故?

保証協会債権回収株式会社は、金融機関などから委託されて債権の管理・回収を行います。督促が来たということは、保証協会債権回収が債権者に代わって借金を回収することを意味します。

対象は自分自身の債務だけでなく、連帯保証人や相続人なども含まれます。自分自身の借金ではなくても、督促がくる可能性があるのです。

〈保証協会債権回収の各事業所電話番号〉

  • 青森営業所:017-723-5616
  • 岩手営業所:019-624-7905
  • 宮城営業所:022-225-6552
  • 秋田営業所:018-863-9052
  • 山形営業所:023-647-2249
  • 庄内分室:0235-29-1206
  • 福島営業所:024-536-3401
  • 郡山分室:024-923-5313
  • 茨城営業所:029-826-7871
  • 埼玉営業所:049-249-1131
  • 千葉営業所:043-221-8427
  • 東京営業所:03-6891-6140
  • 多摩分室:042-526-0531
  • 神奈川営業所:045-534-6592
  • 厚木分室:046-296-2686
  • 横浜営業所:045-662-9927
  • 川崎営業所:044-742-2882
  • 山梨営業所:055-234-5418
  • 首都圏営業所:03-5614-0158
  • 静岡営業所:054-252-2212
  • 愛知営業所:052-454-3010
  • 名古屋営業所:052-220-2181
  • 岐阜県営業所:058-276-4570
  • 岐阜市営業所:058-264-4366
  • 三重営業所:059-229-6023
  • 外山営業所:076-407-0211
  • 石川営業所:076-222-1162
  • 福井営業所:0776-33-2970
  • 滋賀営業所:077-511-1360
  • 大阪営業所:06-6267-1850 
  • 堺分室:072-223-3086
  • 兵庫営業所:0798-36-5613
  • 姫路分室:079-289-3820
  • 近畿圏営業所:06-6224-0513
  • 鳥取営業所:0857-21-3761
  • 島根営業所:0852-21-0586
  • 出雲分室:0853-21-9202
  • 山口営業所:083-921-3098
  • 徳島営業所:088-622-0245
  • 佐賀営業所:0952-24-8361
  • 長崎営業所:095-826-1509
  • 熊本営業所:096-375-2201
  • 大分営業所:097-532-8334

参考:法務省HP「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」
(http://www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html)

保証協会債権回収からの督促への対処の仕方

督促がきたら、まずはその内容が正しいものか、心当たりがあるかを確認します。保証協会債権回収の名前を騙った架空請求被害もありますので、連絡先の番号が正しいかどうか公式HPの営業拠点一覧などを見ながら確認しましょう。

督促内容が事実であれば、記載されている番号に問い合わせをします。返済方法や金額について相談することもできますが、どうしても返済が難しいのであれば弁護士に依頼して債務整理を検討することもできます。一番やってはいけないのが、督促を無視することです。督促に対して何もしなければ、最終的に強制的な差し押さえになる場合もあります。

また、もし借金が時効になっている場合は先に保証協会債権回収に連絡をしてしまうと時効が中断されてしまうことになります。時効が成立している可能性があれば、速やかに弁護士など専門家に相談しましょう。