名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 債務整理の種類と方法 » 任意整理

任意整理

借金を減額して月々の支払いを減らす債務整理について紹介していきます。

そもそも任意整理とは?

任意整理とは、弁護士や司法書士が代理人となってサラ金などの債権者と交渉し、借金を減額して、原則無利息で残債務を返済する手続きです。

借入れ開始時からさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に引き下げて計算し直すことで、正しい借金の額まで減らすことができます。月々の支払いが減額されるので、数年で無理のない完済を目指すことが可能になるでしょう。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理には次のようなメリットやデメリットがあります。

メリット

借金が減額できて、月々の返済が楽になる

任意整理の手続きが成立した場合、利息分がカットされ、元金のみを3~5年で返済することになります。結果、借金総額が減額され、月々の返済が楽になると同時に、完済までの期間が早まるのがメリットの一つです。元金部分は変わりませんが、利払いが免除されることにより、借金を減額できることがポイントになります。

過払い金を取り戻せる場合がある

任意整理では基本的に元金部分は減額できませんが、過払い金が発生している場合は、元金も減らせる可能性があります。過払い金とは、法定金利に引き直して計算した場合に、払い過ぎている利息(利息制限法で定められた利率より高い利息)のことです。過払い金請求ができる場合は、月々の返済額を減らせるメリットがあります。

取り立てや催促を止めることができる

借金返済において、厳しい催促や取り立てに悩まされている方も多いかもしれませんが、任意整理の手続きを行った場合、催促や取り立ては停止されます。なぜなら、任意整理の手続きを完了させるべく、代理人の弁護士や司法書士は各金融業者に「受任通知」を送りますが、この受任通知を金融業者が受け取った段階で、催促や取り立ては法律上禁止されるからです。

債権者を選んで一部のみを任意整理することも可能

通常の借金返済では債権者に対する選択的な整理は行えませんが、任意整理の手続きは裁判所を通さない当事者間の交渉に依拠して行われるため、特定の債権者のみを整理して、整理したくない債権は除外するなど、選択的な債権整理が行えるようになります。選択的な債権整理は、債権者が多数いる場合の借金問題解決に大変有効です。

裁判所に出頭する必要がない

裁判所への出頭の要否を気にされている方も多いでしょう。任意整理手続きの特徴の一つは、裁判所を通さずに当事者間(債務者と債権者)での円満な解決を図ることです。裁判所が絡む自己破産では裁判所に呼び出されることもありますが、裁判所を通さない任意整理の場合、債務者が裁判所に出頭する必要はありません。

自己破産などと違い、官報に載ることがない

自己破産のように、裁判所での決定を要する債務整理手続きの場合は、官報に氏名等が掲載されますが、人整理は債務者と債権者(業者側)が直接交渉する手続きのため、裁判所での決定を必要とせず、官報に氏名等が掲載されることはありません。同様に、過払い金訴訟でも官報掲載はありません。

手続き中に職業が制限されることは一切ない

債務整理のうち、自己破産については、破産手続きを行っている数ヶ月の間、一定の職業(弁護士・司法書士・社労士・税理士・警備員・保険外交員等)における資格制限がありますが、任意整理の場合は、手続き開始から免責確定までの間の資格制限はありません。手続き中であっても、問題なく採用試験を受けたり就職することができます。

デメリット

法的整理と比べて、借金の減額率が低くなることが多い

任意整理の手続きは、債務者と債権者における当事者間の交渉によって進められます。従って、裁判所の仲介と法的整理を中核とする自己破産に比べ、当事者間の交渉により減額率が決まる任意整理は、交渉に失敗すれば減額効果が弱まる可能性が高く、減額率が低くなることが多いです。過払い金返還をターゲットにする場合も、利息制限法に基づく法定金利の範囲に収まっている場合は、ほとんど返還できません。

減額後の残債務の支払いをする必要がある

任意整理の手続きによって可能となるのは、利息カットを中心とする負債の減額です。減額しても負債が全額免除されるわけではなく、残債務の支払いをする必要があります。減額後の返済期間は3~5年程度で、分割支払いしていくのが一般的です。繰り上げ返済や一括支払いもあります。いずれにしても、任意整理では減額後の残債務を返済しなければなりません。

個人信用情報機関のブラックリストに載ってしまう

任意整理手続きが完了すると、信用情報機関に情報登録されます。信用情報機関とは、貸し付けやローンなど個人の金融取引に関する信用情報を集積している機関ですが、ここに情報登録されると、いわゆるブラックリスト入りとなり、登録後、約5年間は新規の借り入れやクレジットカードの発行ができなくなります。

任意整理手続きの流れと利用条件

任意整理は和解までの時間が比較的早く、手続きには2~6ヵ月ほどかかるのが一般的です。手続きの流れは以下のようになります。

  1. 受任通知の発送 任意整理の手続きを受任したことを債務者へ通知します。通知が届いた時点で、請求や支払いがストップします。
  2. 取引履歴の調査、債務確定 債権者に対して取引履歴の開示を求めて、それをもとに正しい借金の額を計算し直し、どのくらい減額できるかを確定します。
  3. 返済計画案の作成 収入や残債務を考慮しながら返済計画案を作成します。3~4年以内で完済できるような計画するのが一般的です。
  4. 債権者との和解交渉 和解案(返済計画案)を債権者に提示して、残債務や月々の返済額などを交渉します。過払い金がある場合には、返還金額についても交渉します。
  5. 和解成立 債権者との交渉がまとまれば、合意した内容の和解契約書を交わします。
  6. 返済開始 和解契約で決められた内容を守って、月々の返済をしていきます。完済すれば、任意整理の手続きは終了です。

ただし、任意整理の手続きができない方もいますのでご注意を。それは、収入がない方(家族などからの援助がある方は除く)や、生活に必要な収入があっても返済に充てるお金が用意できない方です。

収入から返済に充てるお金があり、残債務を3~4年ほどで完済できる方は、任意整理を利用することができます。

必要書類の入手経路

必要書類をする上で必要な書類はいくつかあります。

必ずではありませんが、必要になることがあります。給与明細や源泉徴収票といったものを用意しておきましょう。もしも手元にない場合は事前に会社に連絡をし、用意してもらう必要が出てきます。

住民票

本籍が記載されている住民票を用意しておきましょう。

所在地の市区町村の役場で発行が可能です。

債権者の情報一覧(債権者一覧)

現在、どこからどれくらいの借入を行っているのかについて正確に把握できる書類が必要です。金額や内容について間違いないことが証明できるものがあれば良いのですが、債権者一覧については友人からの借入や銀行の借入、滞納している家賃などもすべて書く必要があるので、正確にすべての情報を記載するのは難しいかもしれません。

そういったものに関してはわかる範囲で記載しましょう。相談に行くと負債者一覧表というものを渡されるので、それに記載します。

預金通帳

銀行の通帳が必要になるケースが多いです。

借入先のクレジットカードやキャッシュカード

こういったものは任意整理をした際に使えなくなるので、返却をします。

取引の明細書

レシートや領収書など、ATMで借入をした際の明細書などがあれば持参します。

借入先との契約書

必須ではありませんが、相談の際に持っていくとお話がスムーズに進みやすくなります。

記入方法

任意整理は基本的に素人が自分で行うものではなく、専門家に任せて手続きを進めていく形になります。そのため、専門的な書類を記入しなければならないようなことはないため安心です。

ただ、先述した債権者一覧は必要です。細かい方がわからない場合は弁護士側で調査してくれるので、情報が確かなものでなければ必ずしも任意整理ができないわけではありません。書き方についても教えてくれるので相談してみてくださいね。

記載する内容は借金をしている相手の名前や住所、借金の残高、借り始めた時期、最後の返済日です。これらをわかる範囲で調べていきましょう。

提出先

任意整理は個人で行うと不利になってしまうため、専門業者にお任せしましょう。自分で行っても相手にされない可能性が非常に高いです。

そのため、必要書類の提出先は任意整理について相談をする弁護士や司法書士の事務所ということになります。いつまでにどういった書類が必要になるのかを初回相談の際によく確認しておき、すべてしっかりそろえておきましょう。

用意しにくい書類などは特にないので、何となく手続きが大変そう…と決断できずにいる方も相談してみてくださいね。

名古屋における任意整理の費用相場

名古屋市にオフィスを持つ弁護士事務所や司法書士事務所を調べたところ、任意整理の費用目安は以下が参考になると思います。

着手金

1社につき20,000円もしくは30,000円に設定しているところが多く、ここが相場といえるでしょう。実費込みと実費別の表記があるので注意してください。

報酬金

債務整理では減額金額に対して報酬金額のパーセンテージを設定しているケースがよく見られます。相場としては10%程度です。なお、中には債務整理の成功報酬なしというところもあります。

名古屋で実際に任意整理を行った方の体験談はコチラ

任意整理における司法書士と弁護士の
業務の違い

手続
内容
(詳細) 弁護士 司法書士
任意
整理
立場 本人の
代理人
本人の
代理人
担当可債権額 制限なし 140万円
以下
費用 司法書士のほうが
安価な傾向

弁護士は代理人としての手続きが行えるほか、債権額に制限がない

弁護士は債務者の代理人として任意整理をサポートしてくれます。個人で手続きを進めてしまうと不利になるケースもあるため、法律のプロフェッショナルである弁護士に任せたほうが安心。また、弁護士には担当可能な債権額に制限がありません。

弁護士の権限の範囲は貸金業者にもおよび、業者からの取り立てや返済義務を強制的に止めることもできます。また、過払い金請求で訴訟を起こした場合、貸金業者側にも弁護士費用がかかることになるので、それを避けるために和解に応じてくれるケースがあり、早期解決が期待できるのです。

司法書士は債権額が140万円以下の事案のみ対応できる

司法書士に依頼する場合に注意しないといけないことは、債権額が140万円以上の事案は受けてもらえないことです。これは司法書士に140万円以上の事案に対する法的権限がないためで、弁護士との大きな違いです。弁護士は対応できる事案が幅広いことが特徴ですが、司法書士に依頼するよりも費用がかかるのがデメリット。両者にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、その点をよく理解し、自分に合った方法を選ぶことが重要なポイントです。

価格で選ぶ!名古屋にある任意整理に強い任意整理事務所

名古屋で安く任意整理の依頼をするならどの業者に頼むのがいいのでしょうか。ここでは良心的な金額でサービスを提供している業者をご紹介していきます。

クオーレ

比較的新しい司法書士事務所です。代表を務めるのは他で10年以上のキャリアを持っている方なので、安心して相談できるでしょう。費用が安いというと、品質もそれなりなのでは?と心配になるかもしれませんが、とても丁寧な説明をしてくれるため、法律についてあまり理解していない相談者の方でも安心できるはずです。

任意整理の費用についてですが、1社に付き19,800円+実費となっています。整理する債権者の数が少なければ、かなりお得に済ませられるのではないでしょうか。ただし、これは過払い金請求なしの場合の費用なので、過払い金が発生する場合は別途過払金請求としての費用がかかります。

こちらは1社に付き19,800円となっており、成功報酬として返還額の20%が引かれるので確認しておきましょう。更に消費税と実費がかかります。

任意整理については成功報酬が設定されていないので、このあたりは安心ですね。以前に比べて債務整理にかかる費用が安くなっているので、料金面でも適切に改定を行い、相談者にとって相談しやすい環境を用意してくれている司法書士事務所だといえるでしょう。

他と比較してもかなり費用は安く抑えることができますが、気をつけておかなければならないのは司法書士が対応できるのは総額140万円以下の任意整理であるということ。司法書士事務所となっているので、140万円を超える場合には相談はできません。

もし140万円を超える法律相談をしようと思っているのであれば、弁護士事務所の方を確認してみてくださいね。

名古屋総合法律事務所

債務整理に力を入れている法律事務所です。総合的に相談ができるので、任意整理以外の選択肢についても相談したいと思っている方にも向いています。

気になる費用についてですが、着手金として1社につき20,000円の費用がかかります。報酬金については、3社までは1社につき30,000円、となるのですが、4社以降については1社につき20,000円か減額報酬10%の多い方です。

総合的にみても、費用は安めだといえます。着手金だけで簡単に40,000円以上の費用がかかるところもあるので、そういったところに比べると費用を抑えて任意整理したいと思っている方でも相談しやすいのではないでしょうか。

それから、こちらの事務所では4社以降の任意整理については費用がお得になるので、かなりの数の任意整理をしたいと思っている方でも費用を抑えやすいはずです。

事務所の中には、こういった設定がされていないところも多いので助かりますね。

それと、相談費用については初回無料となっています。これならば、まだ名古屋総合法律事務所に本格的に相談しようかどうか悩んでいる場合でも話を聞きやすいのではないでしょうか。

相談時間については基本平日のみとなっているものの、毎月第4土曜日も受け付けています。平日はどうしても時間の都合がつかない…と感じている場合はこのタイミングで相談してみてくださいね。

なごやか法務事務所

こちらも司法書士事務所ということで、140万円以下の法律相談に対応しています。なんといっても大きな魅力なのが、債務整理や相続についての相談件数は1,000件以上だということ。できるだけ実績が豊富なところに相談したいと思っている方もこちらならば納得できるのではないでしょうか。

また、費用の安さについてもかなり自信を持っている司法書士事務所です。任意整理の費用について見てみると、着手金は無料、報酬については1社につき20,000円といったかなりの格安設定となっています。

それだけでなく、相談料についても見逃せません。法務事務所の中には相談料が無料なのは初回のみの所が多く、その場合も30分~1時間程度と十分余裕を持って相談できる時間が設定されていないのです。

そういったところと違い何度でも相談が無料なので、債務整理について細かく話を聞いた上で担当してくれるところを探したいと思っているのであればこちらが向いているのではないでしょうか。

任意整理を検討しているということは、資金的な余裕はありませんよね。その中で高い相談料などを支払うことはできない方も多いはず。できるだけ費用を抑えて専門家に相談したいと思っている場合もなごやか法務事務所をチェックしてみてくださいね。

あまりに費用が安いとサポート体制が充実していないのでは…といった心配がありますが、土曜・日曜や夜間、出張相談なども対応しているので、いつでも安心して相談ができます。担当してくれるのが豊富な実績を持っている方で、実際に多くの地元の方から頼られている法務事務所だといえるでしょう。

弁護士事務所ではないため、対応できる金額については注意が必要です。

名古屋にある任意整理に強い弁護士事務所一覧

アーク法律事務所

特徴

アーク法律事務所は、任意整理に関する相談はもちろんのこと、過払い金や民事再生などの悩みにも対応可能。実際に利用した方から「過払い金がみつかり、返済金額が減ったので助かった」という声や「精神的にも救われるような対応に、とても感謝しています」といった声があり、相談依頼に対して親身に対応してくれることがうかがえます。

任意整理にかかる弁護士費用の目安は、1社につき18,000円(成功報酬・減額報酬なし、実費込み)と比較的リーズナブルな価格です。債務整理の中でも任意整理の場合は、家族に内緒で手続き行えるとのこと。準備しなければならないものや家族に内緒で行うためのポイントが何かなども詳しく話を聞いて、準備を進めることができるでしょう。

基本情報

所在地 名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル6F
アクセス 地下鉄久屋大通駅から徒歩1分
予約受付時間 平日10:00~18:00
相談時間 平日18:00~22:00 土日10:00~16:30

名古屋総合法律事務所

特徴

名古屋総合法律事務所では、少しでも早く借金問題から解決されるよう、最適な方法で「スピード解決」を目指しています。平日と土曜日の通常営業時間以外にも、毎週火曜日・水曜日は21:00まで予約を受け付けており、相談については電話かメールでの対応が可能です。インターネットによる問い合わせは24時間対応しているので、急用でお困りの際にも、早めに連絡を取ることができます。任意整理は、弁護士に依頼することによって、債権者からの取り立てがとまる場合や利息や遅延損害金がつかなくなる場合が多いので、債務整理を得意とする名古屋総合法律事務所に依頼することは大きなメリットだと言えるでしょう。ですが、ブラックリストに名前が載ってしまうことについては、留意しておかなければなりません。名古屋総合法律事務所では、初回無料で法律相談を受け付けているため、まずは気軽に問い合わせてみるのもいいでしょう。

基本情報

所在地 名古屋市中区丸の内2-20-25 丸の内STビル6F
アクセス 地下鉄「丸の内」駅から徒歩2分
予約受付時間 平日・土日祝 6:00~22:00
相談時間 平日9:00~18:30、夜間相談:火曜・水曜17:30~21:00、土曜9:30~17:00

片山総合法律事務所

特徴

片山総合法律事務所は、弁護士1名で運営している小さな事務所ですが、だからこそ1件1件の案件に丁寧に対応することができます。法律相談にかかる弁護士費用が明示されているため、分かる費用の目途を立てたうえで依頼できるのは安心です。口コミでは総じて「担当の弁護士の先生がとても優しく、説明も分かりやすかった」という評価がうかがえるため、敷居が高そうで、なかなか相談しに行けないと感じている人でも、相談しやすい事務所だといえます。インターネットの予約申し込みは、24時間365日受付対応しており、過払い金と債務の相談については、初回相談が無料。債務整理は、1社あたり30,000円(税別)からの依頼となりますが、分割払いもできるので検討してみてはいかがでしょうか。

基本情報

所在地

愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9 堀内ビル2F

アクセス JR「名古屋」駅ユニモール地下街6番出口直結
予約受付時間 平日10:00~17:30
相談時間 平日11:00~(閉所時間については公式HPに記載なし、要問合せ)
土日・祝日(定休日)