名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 債務整理の種類と方法

債務整理の種類と方法

ここでは、債務整理の各種方法について、それぞれ詳しく紹介していきます。債務整理をする際には、メリット・デメリットなどを考慮した上で、自分にとって最適な手続きを選ぶことが大切です。 自分で判断することが難しい場合は、弁護士や司法書士など専門家に相談してみることをおすすめします。

債務整理4つの方法とそれぞれの手続きに向いている人

任意整理とは債務者の自力返済が見込めない場合に、弁護士や司法書士が代理人となって債務者(サラ金など)と交渉を行って、借金の支払額を減額するように働きかけてくれます。返済総額が減るため、数年かけて無理のない範囲で完済を目指すことが可能です。取り立てや最速を止めることができ、地に足を付けて完済を目指すことができます。一方で、ブラックリストに載ってしまうため、今後数年間はクレジットカードやローンを組むことはできなくなります。任意整理には下記のような方が向いています。

任意整理

  • グレーゾーン金利で借金返済している期間が長い方
  • 一部の債権者だけ債務整理したい方
  • ある程度の定期収入があり、整理後の残債務を分割返済できる方

任意整理について詳しく見る

任意整理をした人の体験談

任意整理をすることのメリットとしては裁判所を通した手続きではないため、家族や会社に知られることなく進められるという点があります。また、任意整理をすることによって利息がなくなって返済総額が減額されるほか、借金の催促もなくなります。こうした精神的な不安から解放されるということは利用者にとっては非常に大きく感じているようです。体験談では以下のケースが紹介されています。

  • スマホゲーム課金の借金で任意整理した体験談
  • ギャンブルで多重債務になり任意整理した体験談

任意整理の体験談を詳しく見る

個人再生

個人再生とはマイホームなどの個人資産を手放すことなく、借金を3年間で返済していく手続きです。大幅に借金が減額される一方で、返済が滞った場合には手続きが無効になってしまう性質があります。そのため、何がなんでも返済しつづける強い意思と安定した収入が必要となります。手続きには時間がかかり、半年ほどの期間を要します。住宅ローンは減額されないので、住宅ローンで債務整理をしたい方には向いていません。個人再生には下記のような方が向いています。

  • 住宅などの手放したくない財産がある方
  • 浪費やギャンブルが借金原因のため、自己破産ができない方
  • 安定した収入があって、借金の総額が5000万円以下の方

個人再生について詳しく見る

個人再生をした人の体験談

個人再生は財産を手放すことなく、浪費やギャンブルで浪費した債務を整理することができるメリットが大きいです。近年で増加しているソーシャルゲームの課金によって膨らんでしまった借金返済で利用されているというのは特徴的でしょう。また、職業制限や資格制限を受けることなく手続きができるので、生活を立て直しやすいというという声も聞かれます。体験談では以下のケースが紹介されています。

  • ショッピング三昧の債務整理で個人再生した体験談
  • 転職による収入減の借金で個人再生した体験談

個人再生の体験談を詳しく見る

自己破産

自己破産とは多額の借金を抱えてしまい、返済の目処が立たなくなった場合に利用する制度です。借金を全額免除してもらえる代わりに20万円以上の価値のある財産はすべて処分されてしまうのが特徴です。そのため、財産がほとんどない方には、生活を立て直すための絶好のチャンスとなります。ただし、ブラックリストに載ってしまい、今後数年間はローンやクレジットカードの新規発行はできません。さらに、破産から免責までの間は一定の職に就けなく鳴るというデメリットも存在します。自己破産には下記のような方が向いています。

  • 財産がほとんどない方
  • 無職もしくは収入が不安定な方
  • 巨額の借金を抱えている方

自己破産について詳しく見る

自己破産をした人の体験談

自己破産をする人にもさまざまなタイプがいますが、共通しているのは簡単に返せないほどの多額の借金をしてしまっているという点です。多重債務者になってしまって返済するのが大変という方の場合、独り身であることや、持ち家が無い場合などにはおすすめの制度になります。手続きから免責決定の通知が来るまでトータル1ヶ月半程度で終わるということもあるので、職業制限にかかってもそこまでダメージは大きくないというのも特徴です。体験談では以下のケースが紹介されています。

  • 振込詐欺に騙されて自己破産した体験談
  • 親の借金がもとで自己破産した体験談

自己破産の体験談を詳しく見る

特定調停

特定調停とは債務者本人が簡易裁判所で申し立てを行い、借金の減額をしてもらう手続きです。イメージとして「任意整理を自分で行う」と言えば分かりやすいと思います。弁護士や司法書士を通さなくて済む分、費用を抑えながら借金を減額することが可能です。手続自体をすべて自分で行うため手間はかかりますが、和解までの期間は比較的早めです。平均で2~4か月で完了します。特定調停には下記のような方が向いています。

  • できるだけ費用をかけたくない方
  • ある程度の定期収入があり、整理後の残債務を分割返済できる方

特定調停について詳しく見る

特定調停をした人の体験談

特定調停は自己破産とは異なり、家族や会社の人にバレる心配がありません。自己破産の場合は「官報」と呼ばれる冊子に名前が載ってしまうので、見る人が見れば自分が債務整理をした人間だとバレてしまう可能性があります。また、連絡をくれる時間帯や連絡方法などもいろいろと気を遣ってもらえたので、スムーズに手続きをすることができたという声も聞かれます。体験談では以下のケースが紹介されています。

  • 店舗経営失敗の債務整理を特定調停した体験談

特定調停の体験談を詳しく見る