名古屋で債務整理に強い弁護士事務所比較 » 相談する前に知っておきたい債務整理の基礎知識 » 結婚前に債務整理を行った場合、結婚や配偶者への影響はあるか?

結婚前に債務整理を行った場合、結婚や配偶者への影響はあるか?

一生を添い遂げたい相手と出会えて無事に結婚が決まった時、今すぐにではないけれどもいずれは結婚したいと考えている時。結婚前に借金があれば清算しておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。

結婚前に何とかしたい借金でお悩みの方も、解決方法が見つかるかもしれません。

結婚前に債務整理を行った場合の影響について

結婚前に債務整理を行った場合、配偶者には影響があるのでしょうか。ここでは、結婚を考えている相手と出会う前に債務整理を行った場合も含めて、配偶者への結婚前の債務整理の影響の有無について解説します。

配偶者に借金の返済義務は生じない

結婚すると、結婚期間中に発生した財産は夫婦のものである「共有財産」になります。共有財産には不動産や自動車、金銭などの資産のほか、借金も含まれますので、結婚前に作った借金でも配偶者も一緒に返済する義務が生じるの?と心配になる方も多いかもしれません。

ですが、共有財産はあくまで結婚期間中に発生した財産に適応されますので、結婚前に作った借金は該当しません。そのため、結婚前の借金を配偶者が返済する義務は生じず、借金をした本人の力で返済していかなければいけません。

配偶者に債務整理の影響は基本的にない

結婚前に債務整理を行った人と結婚をしても、債務整理は本人にのみ適応されるので、配偶者に債務整理の影響は基本的にないと考えて良いです。ブラックリストに配偶者が載ることもありませんのでクレジットカードやローン契約も可能です。ただし、結婚前に作ったクレジットカードの更新時に与信を見られて、利用額に制限がかかることもあります。

また、債務整理の中でも管財人事件の自己破産を行った場合には、都道府県の破産者名簿に記載されますが、本人のみですし戸籍謄本や住民票にその旨が記載されることもありません。

結婚前に借金を告白すべきか? ばれる可能性は?

結婚前に債務整理をしても特に配偶者には影響がないことが分かりました。とはいえ、借金があることを相手に言いづらいという方も少なくありません。次に、結婚前に借金を相手に言わなかった場合に起きる影響について見てみましょう。

婚約破棄 場合によっては慰謝料を支払うことも

結婚を考えている相手に借金があることを伝えた場合、一番起きる可能性が高いのが婚約破棄です。

一般的に相手が婚約破棄を申し出た時に正当な理由がない時には、相手側へ慰謝料を請求することもできます。ですが、借金は婚約破棄を行う正当な理由ですので、借金がばれた場合の婚約破棄に対する慰謝料の請求は不可能と考えて良いでしょう。それだけでなく、すでに結婚式や披露宴会場の手配や新婚旅行の準備も済んでいた場合は、逆に相手側から慰謝料を請求される可能性もあります。

借金を隠して結婚した場合は離婚

もしも相手に借金を告白せず、隠したまま結婚した後に借金がばれた場合どの様な影響があるのでしょうか。

一番は離婚です。実は、借金そのものは離婚の事由としては認められないことが多いのですが、浪費癖やギャンブル依存症による借金など、家族生活の継続ができない重大な理由だと認められた場合は離婚が成立します。

隠していても、借金がばれることも多い

昔のテレビドラマのように、現在の消費者金融が自宅まで取りたてに来ることは基本的にはなくなりました。また、希望に応じて書類を自宅に郵送せずオンラインで完結するサービスを提供している消費者金融も少なくありません。

ところが、結婚生活を続けていく中で用途不明の出金がATMで多い、毎月の返済のために給料額をだまして渡す、何よりも様子がおかしい…など、色々なことがきっかけで借金がばれる可能性が高いのです。

借金を隠し通して結婚を進めても、ばれた時には婚約破棄や慰謝料の支払い、結婚後なら離婚の更に悪い結果になってしまうことが分かりました。結婚前に借金を完済するためにも、また相手にも借金を告白しやすくするには、結婚前に債務整理を行っておくのが有効といえます。

結婚前の債務整理のススメ

結婚前の債務整理にどんなメリットがあるのかをここで整理しておきましょう。

結婚後に相手への影響はほとんどない

債務整理を行った後に結婚をしても、配偶者や家族への影響はほとんどありません。配偶者への返済義務もありませんので、配偶者の負担になることもありません。

自分の精神衛生上も良い

結婚は人生の中でも重要なイベントのひとつです。だからこそ、借金があると相手がいても結婚に踏み切れないことも。債務整理を行えば、借金の清算への一歩となりますので、結婚へも前向きな気持ちになれます。また、債務整理を行うことが相手へ正直に借金があることを告白するきっかけにも繋がります。

債務整理を相手に黙って進めることもできる

結婚前に借金を完済するために債務整理をしたい時には、できれば相手には借金完済後に告白したいもの。頼れる弁護士に相談すれば債務整理自体を相手にばれずに進めることもできます。

また、過去に債務整理を行っていた事実があっても、ばれる心配はほとんどありません。自己破産や個人再生を行った時に氏名と住所が掲載される公の名簿も、一般人の目に触れることはほとんどありませんので、相手が興信所への調査依頼などをしない限りはばれる心配もないのです。

債務整理を行って結婚前に借金の完済を目指したい時、または返済計画をしっかり立ててから結婚をしたい時には弁護士に債務整理の相談をするのがおすすめです。債務整理の方法は、一般的に知られている自己破産だけではなく、個人再生や任意整理もあります。

自分の借金返済に有効な方法を提示してくれる、名古屋市の債務整理に強い弁護士を探して相談すれば、借金が理由で踏みとどまっている結婚にも一歩踏み出せますし、相手にも正直に告白できるきっかけに繋がります。相手に分からないように債務整理を進めることもできますので、相談してみましょう。

参考:金融庁:多重債務者相談マニュアル(PDF)